So-net無料ブログ作成

「マッサージ痛い、やめろ」4歳児けった父逮捕(読売新聞)

 福岡県警早良署は25日、4歳の長男をけってけがをさせたとして、福岡市早良区脇山、会社員佐々木元気容疑者(28)を傷害容疑で逮捕した。

 発表によると、佐々木容疑者は24日午後1時頃、自宅で長男(4)の体を足でけるなどし、頭部に擦り傷などを負わせた疑い。佐々木容疑者はうつぶせになって長男に背中を足踏みさせていたといい、「マッサージが痛くなったのでやめろといったが、子供が続けたので腹が立った」と容疑を認めているという。

 佐々木容疑者は母、弟、長男の4人暮らし。帰宅した母が泣いている長男に気付き、長男が通う保育所に相談。けがをしていたことから保育所が近くの駐在所に通報した。

 同署によると、長男の体にはほかにあざや傷はなく、日常的に虐待を受けていたような形跡はないという。

<お別れの会>細川益男さん=5月20日、大阪市内のホテル(毎日新聞)
6月18日施行を閣議決定=改正貸金業法(時事通信)
<訃報>田嶋一彦さん88歳=田島泰彦上智大教授の父(毎日新聞)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
普天間「あらゆるオプション想定」=前原沖縄相(時事通信)

「会社に不満」殺害認める 一家3人遺棄容疑 社員ら4人逮捕(産経新聞)

 長野市内の会社経営の男性と息子ら計3人が行方不明になり愛知県西尾市の資材置き場から遺体が見つかった事件で、長野県警は15日、死体遺棄容疑で、男性が実質的に経営する建設会社の従業員、伊藤和史容疑者(31)=長野市真島町真島=ら男4人を逮捕した。捜査関係者によると、4人のうち一部が3人の殺害を認めていて、県警は殺人容疑での立件も視野に捜査を進める。

 見つかった3人の遺体は韓国籍で会社経営、金文夫(きん・ふみお)さん(62)と、息子の良亮さん(30)、良亮さんの内縁の妻の楠見有紀子さん(26)=いずれも長野市真島町真島=と確認された。

 逮捕容疑は、共謀の上、愛知県西尾市の資材置き場に金さんら3人の遺体を埋めて遺棄したとしている。県警によると、4容疑者のうち3人は容疑を認めているという。

 金さんは複数の会社を経営しており、4人のうち伊藤容疑者ら3人は従業員だった。捜査関係者によると、一部の容疑者は「会社でいじめられるなど不満があった」と供述しているという。

 捜査関係者によると、3月下旬に金さんら3人の捜索願が親族から長野南署に出されていた。容疑者の一部から金さんらの遺体を遺棄したことを認める供述が得られたため、資材置き場を捜索していた。

 一方、10日には金さんが借り主となっている長野市内の貸倉庫で、沖縄県出身の職業不詳、宮城浩法さん(37)の遺体が発見されており、県警は関連も調べている。

【関連記事】
「ストレスがたまっていた」 門真の元少年 傷害致死容疑で送検
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
女性に排せつ物投げた容疑で会社員逮捕 好みの女性を物色
娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めても罪悪感を感じぬ」 堺女児虐待死
外国人地方参政権問題に一石

里見2冠苦戦!?ファンとも対局…女流棋士親睦会(スポーツ報知)
歩道橋事故、元副署長を強制起訴へ=検察官役、制度導入後初−神戸(時事通信)
<天皇、皇后両陛下>武蔵野陵に参拝(毎日新聞)
精神医学 裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
ひったくり許すな! ワースト1の足立で“実演”(産経新聞)

薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)

 5月22日から全国公開される映画「春との旅」(毎日新聞社など製作参加)が15日、奈良市の薬師寺に奉納された。主演の仲代達矢さん(77)と小林政広監督(56)が金堂の薬師三尊像(国宝)前で、協力者やファンに感謝を込めて祈った。創建1300年の薬師寺で、映画が奉納されたのは初めてという。

 映画は、足の不自由な元漁師・忠男(仲代さん)が身の寄せ場所を求め、孫娘の春(徳永えりさん)と共に疎遠だった兄弟を訪ね歩くストーリー。「生きることとは何なのか」をテーマにしている。

 奉納式では、読経の後、仲代さんらが映画のポスターと台本、DVDを山田法胤(ほういん)管主に渡した。仲代さんは「奉納は60年の俳優人生で初めて。とてもありがたい」とあいさつ。小林監督は「この映画が一人でも多くの人の心に残るようにとの思いを込めて奉納した」と話した。【花澤茂人】

【関連ニュース】
薬師寺:国宝・東塔の内陣公開始まる
仏生会:釈迦の誕生祝い /奈良
撮れたて!:薬師寺「花会式」 幸せ祈って 響く声明 /奈良
花会式:幸せ祈る声明響く 奈良・薬師寺で始まる /奈良
あちこち・あいち:日報連支部写真展−−一宮 /愛知

<抹茶ぜんざい>おこげから金属片発見 自主回収…天野実業(毎日新聞)
消費税論争勃発 民主執行部のバラマキ路線牽制(産経新聞)
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い−警視庁(時事通信)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)
女性遺体 福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)

安住氏、息子を父と呼び間違えちゃった 進次郎氏を「小泉純一郎君!」(スポーツ報知)

 元首相の父親譲りの弁舌で閣僚との論戦に挑んでいる自民党の小泉進次郎衆院議員(28)が9日、父と間違えられた。安全保障委員会の冒頭で質問に立とうとする時、安住淳委員長(48)が「小泉純一郎君!」と指名。早朝の委員室に爆笑が巻き起こった。ジュニアは「さっそく緊張を解いて頂き、ありがとうございます」と苦笑いしながら北沢俊美防衛相(72)への質問を開始した。

 議題は普天間基地の移設先問題。鳩山由紀夫首相(63)が昨夏の総選挙前、沖縄県民に対して「最低でも県外に移設」と公約したことを追及し「お約束できますね?」と問い掛けた。のらりくらりとかわす北沢防衛相に「県民をバカにしている!」と一喝する場面も。北沢防衛相も、進次郎氏が純一郎氏とかぶって見えてきたらしく答弁中に「我々が野党だった時の悔しさを彷彿(ほうふつ)とさせられた」ともらした。

 進次郎氏は「安住委員長は役者だな、と思った。間違えたのではなく、新人の緊張をほぐしてやろうというご配慮でしょう」と語ったが、安住氏は「眼鏡をかけないまま読み始めたから、見えなくて緊張してしまった。小泉君には謝っておいたよ…」。演出ではなかったようだ。

<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
首相動静(4月14日)(時事通信)
1億円の無償資金協力を政府決定 中国地震(産経新聞)
短大生監禁の芦屋署元巡査、第2回公判で起訴内容認める(産経新聞)
参院比例に3人擁立=維新新風(時事通信)

諏訪大社の御柱祭、勇壮な「木落し」始まる(読売新聞)

 長野県の諏訪大社御柱(おんばしら)祭は9日、舞台を上社から下社に移して山出しで開幕、勇壮な「木落(きおと)し」が行われた。

 この日登場したのは、同県下諏訪町内の山間部にある棚木場(たなこば)から曳行(えいこう)された3本の御柱。氏子を乗せ、長さ約90メートルの坂を勢いをつけて滑り落ちるたびに、約2万人の観客から大きな歓声がわき起こった。

 下社の木落しは、「男度胸の見せどころ」ともいわれ、11日までの3日間で8本の木落しが行われる。

給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
「厳しい状況、お互い頑張って」小沢氏に首相(読売新聞)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>差し戻しで奥西死刑囚「希望持てる」(毎日新聞)
飲酒運転、免許再取得に「日記」義務化へ(読売新聞)

病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 治療のために摘出した腎臓を修復し、別の重度の腎臓病患者に移植する病腎(修復腎)移植で、徳洲会グループは6日に臨床研究3例目となる移植手術を実施すると明らかにした。万波誠医師(69)の執刀で愛媛県宇和島市の宇和島徳洲会病院で行われる。

 病院によると、愛媛県内に住む50歳代の腎がん患者の男性から、県内の50歳代の慢性腎不全患者の女性に移植される予定。病院は男性の腎がんが直径4センチ以下で、腎臓を修復すれば手術が可能と判断。男性と女性の双方が病腎移植に同意した。

【関連記事】
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
病腎訴訟で患者側「自家腎移植の件数開示を」 松山地裁
病腎移植再開 臨床研究第1例目 宇和島徳洲会病院
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

鳩山首相、郵政改革案は「唯一のやり方だ」(産経新聞)
歌舞伎座さよなら公演、初日迎える(産経新聞)
<雑記帳>サッカーW杯…FIFA公認の世界地図(毎日新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)
名古屋の男性遭難か=山中で発見の男性死亡−福井・荒島岳(時事通信)

千葉佐那 ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)

 坂本龍馬(1835〜67)を思い続け、生涯独身のまま世を去った女性剣士、千葉佐那(1838〜96)。NHK大河ドラマ「龍馬伝」で女優の貫地谷(かんじや)しほりさんが佐那役を演じて以来、甲府市の清運寺にある佐那の墓を訪ねる人が急増している。田中宏昌(こうしょう)住職は「佐那のいちずな姿が人をひきつけるのでは」と話している。【水脇友輔】

 清運寺の一角にある佐那の墓石には「千葉さな子墓」「明治二十九年十月十五日逝 坂本龍馬室」と刻まれている。「龍馬室」とは龍馬の妻という意味。佐那は晩年、周囲に「龍馬のいいなずけだった」と語っており、彼女を思いやって記されたとみられる。

 ドラマ「龍馬伝」で貫地谷さんは美しく勝ち気な佐那役を演じている。田中住職によると、昨年1年間の墓参者は200人ほどだったが、今年はドラマが始まった1月から2カ月間で既に400人近くが訪れた。以前は剣道の必勝祈願に来る人や熱狂的な龍馬ファンがほとんどだったが、最近は高校生から高齢者までさまざま。龍馬の故郷である土佐・桂浜の小石や龍馬の人形を供える人もいるという。

 佐那は北辰一刀流の開祖、千葉周作の弟定吉の長女。同流の免許皆伝を受けるほどの腕前だった。龍馬は1853(嘉永6)年に江戸にあった定吉の道場に入門し、彼女と出会ったとされる。1863(文久3)年には姉の乙女にあてた手紙で「この話は人にゆ(言)はれんぞよ。すこしわけがある」と前置きし、佐那について「馬によくのり剣も余程手づよく、長刀(なぎなた)も出来、力はなみなみの男子よりつよく」、初恋相手とされる平井加尾より「かほ(顔)かたち少しよし」と記していた。

 龍馬が暗殺された後、佐那は家伝だった灸(きゅう)を生かし東京・千住に「千葉灸治院」を開業。自由民権運動家の板垣退助も治療した。板垣の紹介で甲府出身の自由民権運動家、小田切謙明も治療し、小田切夫妻と懇意になった。58歳で病死し、東京の寺に埋葬されたが、無縁仏となることを哀れんだ謙明の妻豊次が分骨して小田切家の菩提(ぼだい)寺である清運寺に墓を建てたと伝えられる。

【関連ニュース】
余録:坂本龍馬
雑記帳:下関だって龍馬ゆかりの地…長府博物館が資料公開
ちみキャラ龍馬伝:2頭身の可愛い龍馬が登場 大河ドラマロゴ入りTシャツや携帯アプリも
オリコン本ランキング:司馬遼太郎「竜馬がゆく」がトップテン入り 「龍馬伝」効果で
武田鉄矢:「やっぱ“福山龍馬”には負ける」 “日本一のファン”が「私塾・坂本竜馬」出版

理美容チェーン8800万円所得隠し…国税指摘(読売新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)
首相、普天間問題「県外移設の道筋を考えたい」(産経新聞)
参院選公約「財源優先を」=民主研究会で相次ぐ(時事通信)
移設先、陸・空分離は受け入れ困難…米司令官(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。